生保8社決算:4-9月期は6.8%減益、株価下落や準備金積み増しで

国内生保8社の第2四半期(4-9 月)決算は合計で保険料等収入が前年同期比4.8%増の9兆8700億円、 最終利益が同6.8%減の3210億円と増収減益となった。欧州危機に伴う 有価証券評価損の計上や変額年金保険の最低保証などに備えた準備金 積み増しなどが要因。24日までに各社が発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。