アジア開銀:インドネシアの10-12月期成長率は6.7%の可能性

インドネシアの10-12月(第4四半 期)の国内総生産(GDP)成長率は6.7%に達する可能性がある。ア ジア開発銀行で同国を担当するシニアエコノミスト、エディモン・ギン ティン氏が24日にジャカルタで語った。インドネシア政府が歳出を拡大 し、消費需要と投資が引き続き高水準であることが前提であるとしてい る。また、今年通年については6.6%成長との見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。