裁定買い残は3週連続で減少、647億円減の1兆908億円-18日時点

東京証券取引所が24日に発表し た前週末18日時点のプログラム売買にかかわる現物株式の売買状況 によると、裁定取引に関連した現物株買いのポジションは当月限、翌 月限以降の合計で前の週に比べ647億円減の1兆908億円となった。 減少は3週連続。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。