EU作業部会:対ギリシャ投資の回復は時期尚早-独紙ウェルト

投資家はギリシャの資産が割安で さらに値下がりすることはないと見なせば、対ギリシャ投資を再開す るだろうが、今はそうした状況とは言えない-。ギリシャに経済改革 を助言する欧州連合(EU)作業部会の責任者ホルスト・ライヘンバ ッハ氏が、こうした見方を示したとドイツ紙ウェルトが報じた。

同紙によれば、ライヘンバッハ氏はEU側が来年のギリシャ経済 について景気拡大はないと見込んでいると述べ、それが同作業部会の 主要な仕事がビジネス環境の改善である理由だと説明したという。同 氏は、この作業部会を3年間ギリシャに置き、税制問題や官僚制度の 刷新を支援したいとしている。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Jan Dahinten in Singapore at +65-6212-1164 or jdahinten@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Alan Soughley at +65-6212-1162 or asoughley@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE