鉄連会長:2011年度の粗鋼生産量、1億700万トン割れを懸念

日本鉄鋼連盟の林田英治会長(JF Eスチール社長)は24日の定例会見で、2011年度の粗鋼生産量が1カ月 前の会見で示した1億700万トンを下回る可能性に懸念を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。