中国人民銀、預金準備率を来年1月に引き下げる公算-工商銀行

中国人民銀行(中央銀行)が預金準 備率を来年1月に引き下げる公算が大きい。中国工商銀行の投資銀行部 門の副ゼネラルマネジャーが24日、北京で開かれた会議で指摘した。中 小企業の資金繰りが非常に厳しくなっており、預金準備率の引き下げが 必要だとしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。