北極海の氷が「前例のない」割合で縮小、気候変動が原因か-研究

北極海の氷が過去1000年以上の間 で「前例のない」割合で消えつつあるという研究が発表された。研究 は、その原因が人間が影響を与えている気候変動にあることを示唆し ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。