米ゴールドマン:プライム・ブローカレッジ部門アジア責任者が退社

米金融大手ゴールドマン・サック ス・グループのプライム・ブローカレッジ部門幹部のタンビア・ガニ 氏が今月に入って退社したことが分かった。同氏はヘッジファンドと 見込み客をつなぐキャピタル・イントロダクション業務のアジア太平 洋地域担当責任者を務めていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。