米歳出削減変更なら、格付けにマイナスの影響-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・イ ンベスターズ・サービスは23日、米議会の超党派特別委員会が1兆 2000億ドル(約92兆5000億円)規模の財政赤字削減策で合意でき ず、2013年から予算削減措置が自動的に発動されることに関して、 同社が現在米国に付与する最上位格付けに「マイナスの影響」を及 ぼす可能性があるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。