ヴァーレの超大型ばら積み船、中国が受け入れ拒否-鉄鉱石輸送暗礁に

史上最大のばら積み船「ヴァーレ・ ブラジル」は、鉄鉱石を南米から中国に輸送するために設計された。 だが就航から半年を経て、一度もこの航路での運搬に利用されていな い。

世界最大の鉄鉱石生産会社、ブラジルのヴァーレは、このサイズ の大型ばら積み船35隻を建造し、最大の顧客である中国向け輸送の支 配力を強めようとしているが、中国側が受け入れを拒否しているため この計画は難航している。これらのばら積み船の全長はニューヨーク にある高層ビル「バンク・オブ・アメリカ・タワー」の高さ(366メー トル)にほぼ匹敵する。ヴァーレの鉄鉱石売上高の約45%を中国向け が占め、同国は最大の顧客だ。

さらに19隻のばら積み船を23億ドル(約1800億円)で購入する ことを含むヴァーレの計画に対し、中国の船主企業は船舶の供給過剰 の悪化や運搬レートの下落、業界全体の損失につながるとして反対し ている。中国の招商証券のアナリスト、常涛氏は、これらのばら積み 船の導入によりヴァーレの鉄鉱石の価格設定や輸送に関する支配力が 強まるとみられるため、鉄鋼メーカーもこの計画に反対する公算が大 きいとの見方を示す。

常氏は「中国ではヴァーレのばら積み船の入港を歓迎する者はい ない」と指摘。他の海運市場はこれほど大規模ではないため、ヴァー レがこれら全てのばら積み船の代替利用先を見いだすのは困難とみて いる。船舶ブローカー、バンチェロ・コスタの調査責任者、ラルフ・ レスチンスキー氏は、「非常に高額の違約金」を支払わない限り船舶の 発注取り消しやリース契約の解除はできない可能性が高いと話す。

レスチンスキー氏は「ヴァーレがそろそろ大きな間違いを犯した ことに気付いていることは間違いない。最初に中国サイドから船舶が 利用可能であることを保証する文書を取得することなく、このプロジ ェクトにこれほどの巨額の資金を投じたのは、本当に信じられない」 と述べた。

ヴァーレ(リオデジャネイロ)の広報担当部門はコメントを控え た。

--Jasmine Wang and Helen Yuan with assistance from Juan Pablo Spinetto in Rio De Janeiro, Kyunghee Park in Singapore, Michelle Wiese Bockmann in London and Tamara Walid in Dubai. Editors: Neil Denslow, Vipin V. Nair

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 堀江 広美 Hiromi Horie +81-3-3201-8913

hhorie@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Jasmine Wang in Hong Kong at +852-2977-4610 or jwang513@bloomberg.net; Helen Yuan in Shanghai at +86-21-6104-3028 or hyuan@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Neil Denslow at +852-2977-6639 or ndenslow@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE