英中銀マイルズ委員:ある国がユーロ圏離脱するリスクも-欧州危機で

【記者:Fergal O’Brien】

11月24日(ブルームバーグ):イングランド銀行(英中央銀行) 金融政策委員会(MPC)のデービッド・マイルズ委員は、ある国が ユーロ圏から離脱するリスクはあると指摘するとともに、域内の危機 による脅威が英経済見通しの不透明感を高めているとの認識を示した。

マイルズ委員は23日遅くに放映されたITVとのインタビュー で、「ユーロに現在参加する全ての国がそこに残るかどうかについて、 誰も確信できないと思う」と語った。

また同委員は「より通常に近い成長率への回復は今後2年間かけ て徐々に実現する」と予想。「多くのリスクがあり、それは結果的に楽 観的過ぎかもしれないし、悲観的過ぎかもしれない」と語った。

英国のインフレ率については、現在の5%台の水準から来年には 「大幅に」低下するとの見通しを示した。インフレ率は英中銀目標の 2%を「不快なほど上回っている」が、利上げで対応するのは「大き な誤り」だろうと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE