債券は続落、日本国債格下げ言及を嫌気-長期金利は約2週ぶり高水準

債券相場は続落。米国市場で債券 高・株安となった流れを引き継いで買いが先行したが、午後に入ると 高値警戒感などから売りが優勢になって下げに転じた。米格付け会社 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が日本国債格下げの可能 性に言及したことも嫌気されて相場は終盤にかけて一段安となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。