LIBORは「ゆがんだ指標」か、揺らぐ権威と信頼性-訴訟や調査も

ロンドンの平日午前10時ごろ、 銀行19行の代表は、世界の金融取引を左右する決定を下す。その 影響は住宅ローン金利からクレジット・デフォルト・スワップ (CDS)、社債の潜在的価値に至るまでさまざまな取引に及ぶ。 しかし、ロンドンのPFPグループで15億ドル(約1160億円)相当 の資産の管理・運用に携わる投資ディレクター、ティム・プライス氏 は、その権威が揺らいでいると指摘する。

バンカーらが決めているのはいわゆるロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)だ。LIBORは100年の歴史を持つ英国銀行協会(B BA)の主導の下、指定銀行が他行から借り入れる場合に支払うコス トの集計データから上下数行の数字を除いた平均値として算出される。 国際決済銀行(BIS)が360兆ドル規模と推計する世界の金融商品 の金利はLIBORに基づいて決定される。「ブルームバーグ・マーケ ッツ」誌1月号が報じた。

ところが今年、投資家らはこれら指定行の一部が2007年にさかの ぼって正しい借り入れコストを隠し、市場価格をゆがめたとして、一 連の訴訟を起こした。この訴訟は現在も欧州と米国の裁判所で継続中 だ。

当局の調査対象

さらに欧州連合(EU)と日本、英国、米国の規制当局および司 法当局は、これらの銀行が資金繰りの苦しさを他行や株主に知られな いようLIBORを操作していなかったかどうかを調査している。英 銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は 8月、EUと米国の当局から書類提出の要請があったと発表した。

バークレイズ、クレディ・スイス・グループ、HSBCホールデ ィングス、バンク・オブ・アメリカ(BOA)、JPモルガン・チェー ス、RBSの各行はいずれもこの問題の調査ないし訴訟に関するコメ ントを控えている。

LIBORをめぐる疑念は08年の金融危機の初期段階から徐々 に深まってきた。LIBORの時系列分析によると、指定行が提出す る金利の最高値と最低値の格差(スプレッド)は深刻な信用収縮の際 に最も拡大する。2008年9月15日のリーマン・ブラザーズ・ホール ディングスの破綻の後、3カ月物ドルLIBORのスプレッドは7ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)から月末までに115bpま で広がった。

欧州ソブリン債危機が深刻化し、ギリシャやイタリアなどに投融 資する銀行への懸念が高まる現在もこうした傾向が見られ、スプレッ ドは11月8日に30bpと09年5月以来で最も拡大した。

旧態依然

BBAはLIBORの修正を検討する用意があると表明している ものの、これまでのところ批判に対して多くを語っていない。リーマ ン破綻の直前、BBAのアンジェラ・ナイト代表は、LIBOR決定 プロセスの監督体制の改善が「着実なペース」で進んでいると発言。 しかし、その後今年3月の発表文でも「われわれはBBA・LIBO Rの評判と信頼性を保つために責任を持って努力している。LIBO Rは今後もホールセール金融市場の信頼できるベンチマークであり続 ける」と述べるにとどまっている。

LIBORの算出は1986年に始まった。ブルームバーグ・ニュー スの親会社ブルームバーグ・エル・ピーと金融・法務関連の情報提供 や取引システムの分野で競合関係にあるトムソン・ロイターがLIB ORの実際の計算を行っている。ドルに加えて、現在は通貨も10種類 に増え、集計も現在は電子的に処理されるが、LIBORはこの25 年間ほとんど変わっていない。

代わりはあるか

一方、銀行業界は新たな金融商品が次々と生まれ、商業銀行と投 資銀行の垣根もなくなって大きく様変わりした。サブプライム(信用 力の低い個人向け)住宅ローンに起因する危機が米国以外にも波及し 始めた08年3月、BISもLIBORの正確さに疑問を投げ掛けた。

LIBORは現在、世界中の金利の決定になお大きな影響力を持 っている。しかし、シティグループの元マネジングディレクター、英 カス・ビジネス・スクールのピーター・ハーン教授(金融学)は、L IBORの権威は少しずつ衰えていくと予想する。

ハーン教授は「重要性が低下するにつれてさらに信頼もなくなる。 決定参加者の利益相反の影響が少なく、はるかに信頼性の高い代替指 標を用意できるかどうかは市場次第だ。LIBORに代わる信頼度の 高い新たな指標をめぐる闘いが始まっている」と話している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE