LIBORは「ゆがんだ指標」か、揺らぐ権威と信頼性-訴訟や調査も

ロンドンの平日午前10時ごろ、 銀行19行の代表は、世界の金融取引を左右する決定を下す。その 影響は住宅ローン金利からクレジット・デフォルト・スワップ (CDS)、社債の潜在的価値に至るまでさまざまな取引に及ぶ。 しかし、ロンドンのPFPグループで15億ドル(約1160億円)相当 の資産の管理・運用に携わる投資ディレクター、ティム・プライス氏 は、その権威が揺らいでいると指摘する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。