米国株(23日):大幅安、S&P500種は6日続落-欧州危機懸念

米株式相場は大幅安。S&P 500種株価指数は6営業日続落となった。欧州の債務危機が悪化し つつあるとの懸念から域内の国債保証コストが過去最高に上昇したこ とが手掛かり。

米証券取引所全体での騰落比率は約1対9。アルミ生産のアルコ アや油田サービスのハリバートンが安い。中国の製造業活動の鈍化で 商品需要が低下するとの懸念が広がった。銀行バンク・オブ・アメリ カ(BOA)は2009年3月以来の安値に下落。共同購入クーポンサ イト最大手のグルーポンは大幅安となり、新規株式公開(IPO)価 格を下回った。

S&P500種株価指数は前日比2.2%安の1161.79。これは10 月7日以来の低水準。過去6営業日の下落率は7.6%となった。ダウ 工業株30種平均は236.17ドル(2.1%)下げて11257.55ドル。 感謝祭の祝日をあすに控えたこの日は、米証券取引所全体の出来高は 約69億株と過去3カ月の平均を16%下回る水準となった。米株式市 場はあすは休場で、25日は午後1時までの短縮取引。

ルーミス・セイルズで資産運用に携わるデービッド・ソワビー氏 は「非常に不透明なことが多い」と指摘。「予想される欧州のリセッ ション(景気後退)や、それがどう波及するかをめぐる不透明感、ま た中国経済の減速が挙げられる。米国株は割安になっているが、こう した不透明感との綱引きでは、不透明感の方が勝っている状況だ」と 続けた。

欧州の債務危機が世界経済に打撃を与えるとの懸念が広がる中、 米株式市場では今月15日以降、時価総額にして約1兆ドルが失われた。 ブルームバーグのデータによれば、S&P500種の株価収益率(PE R、発表業績ベース)は12.2倍と、1954年以降の平均16.4倍を下 回る。

ドイツも飲み込む

2年余り前に始まった欧州危機は、ドイツも飲み込む恐れが出て きた。西欧の国債15銘柄のCDSスプレッドから成るマークイットi Traxx・SovX西欧指数は過去最高に上昇。ドイツ政府がこの 日実施した10年物国債の入札は、応札額が募集額を35%下回る「札 割れ」となった。

アメリプライズ・ファイナンシャルのチーフマーケットストラテ ジスト、デービッド・ジョイ氏(ボストン在勤)は電話インタビュー で、「欧州では時間切れが迫っている」と指摘。「債券市場は強い圧力 を受けている。最も効果のある改善策は経済成長だが、少なくとも世 界的に見て経済指標のトーンは一段の軟化に向かっている」と続けた。

ユーロ圏のサービス業と製造業を合わせた11月の経済活動は3 カ月連続で縮小。また中国の製造業活動を測る11月の指標(速報値) は、ほぼ3年ぶり低水準となった。米国では、10月の個人消費支出 (PCE)が市場予想を下回ったほか、耐久財受注額は減少した。

商品と金融が大きく下げる

S&P500種では主要10業種すべてが下落。中でも商品と金融の 下げが目立った。景気敏感株で構成されるモルガン・スタンレー・シ クリカル指数は2.7%安。ダウ輸送株平均は2.4%下落。KBW銀行 指数も3.4%下げた。

S&P500種では金融株指数が3日続落。ゴールドマン・サック ス・グループは1.7%安の87.89ドルと、09年3月以来の安値。B OAは4.3%安の5.14ドルで、下落率はダウ平均で最大。

JPモルガン・チェースは、欧米での政策の失敗を理由に商品の 投資判断を「アンダーウエイト」に引き下げた。アルコアは4.1%安 の8.88ドル。ハリバートンは4.5%下げて32.20ドル。

グルーポンは16%安と急落し、16.96ドル。マーケティング費用 や他社との競争で利幅が縮小するとの懸念が背景にある。また欧州債 務危機に悪化の兆しが見られることから、同社の海外事業が悪影響を 受けるとの観測も強まった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE