NY原油(23日):反落、ドイツ国債札割れと米耐久財受注減を嫌気

ニューヨーク原油先物相場は 反落。ドイツ国債の入札で応札額が募集を下回ったほか、米製造業耐 久財受注が減少し、経済の成長ペースが回復するとの楽観が打ち砕か れた。

「札割れ」となったドイツ国債入札は35%の未達率となった。 10月の米製造業耐久財受注は減少し、前月も大きく下方修正された。 エネルギー省の週間統計で原油在庫が1年9カ月ぶりの低水準だった ことが伝わると、原油先物相場は下げ渋った。

マッカルバニー・ファイナンシャル・グループ(コロラド州デュ ランゴ)のデービッド・マッカルバニー最高経営責任者(CEO)は、 「ドイツ国債の入札は悲惨な結果となり、欧州債市場への懸念がこの 日の取引を支配したようだ」と解説。「大局的な経済観に比べれば、 原油在庫の数字はさほど重要ではない」と続けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物1月限は前日 比1.84ドル(1.88%)安の1バレル=96.17ドルで終了。エネル ギー省の在庫統計発表前は95.60ドルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE