株・ユーロ・商品下落、欧州国債保証コスト過去最高-危機悪化懸念

23日の金融市場では株式相場が 下落し、米S&P500種株価指数は6営業日続落となった。ドイツ 国債の入札不調を受けて債務危機が悪化しているとの懸念が強まり、 欧州の国債保証コストは過去最高に上昇した。軟調に始まっていた 米国債相場は7年債の落札利回りが過去最低を記録したことから、 上昇に転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。