トルコ格付け見通し「安定的」に引き下げ、経済に短期リスク-フィッチ

格付け会社フィッチ・レーテ ィングスは、トルコの長期外貨建ての格付けアウトルックを「安定的」 に指定し、従来の「強含み」から引き下げた。経常赤字が過去最大に 拡大し、経済安定への短期的リスクが高まったと説明した。

フィッチは同格付けを「BB+」、短期外貨建て格付けを「B」 でそれぞれ維持した。金融市場ではトルコ・リラが1カ月ぶり安値に 落ち込んだほか、トルコ2年国債の利回りは上昇、株価指数は5営業 日続落している。

フィッチのロンドン在勤アナリスト、エド・パーカー氏はアウ トルック引き下げについて「トルコが大幅な経常赤字の削減と目標を 上回るインフレ率の押し下げで困難に直面しており、マクロ経済の安 定性に対する短期的なリスクが高まったことを反映した」とのコメン トを電子メールで配布した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE