米新規失業保険申請件数:3週連続で40万件を下回る

先週の週間失業保険申請件数 は前週比で増加し、雇用市場の回復には時間を要することが示唆され た。

米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済み) は、前週から2000件増加して39万3000件。ブルームバーグ・ニ ュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は39万件だった。前週 は39万1000件(速報値38万8000件)に修正された。これで3週 連続で40万件を下回った。

アメリプライズ・ファイナンシャル(デトロイト)のシニアエコ ノミスト、ラッセル・プライス氏は統計発表前に、「雇用市場は緩や かに改善しているが、経済活動の拡大ペースは依然として鈍い」と指 摘。「この傾向が近いうちに大きく改善することは期待していない」 と述べていた。

より変動の少ない4週移動平均は39万4250件と、前週の39 万7500件から減少し、4月以来の低水準となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE