英中銀議事録:全会一致で政策維持一将来の緩和拡大の必要性指摘も

イングランド銀行(英中央銀 行)は今月9-10日に開いた金融政策委員会(MPC)で、資産購 入枠の維持を全会一致で決定した。一部メンバーは将来的に量的緩和 拡大が必要となる可能性を指摘した。23日に公表された議事録から 分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。