米国株(22日):下落、GDP下方修正が追加緩和期待を相殺

米株式相場は下落。S&P 500種株価指数は5営業日続落と、ほぼ4カ月ぶりの長期連続安と なった。金融当局による追加緩和の可能性が示唆されたものの、7- 9月(第3四半期)の経済成長率改定値が速報値から下方修正された ことが重しとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。