ミネアポリス連銀総裁:失業率目標の導入はインフレ加速招く恐れ

ミネアポリス連銀のコチャラ コタ総裁は、9%という米国の失業率は高過ぎるとの見解を示す一 方で、一定の失業率を目標値に掲げる金融政策はインフレ加速を招 く恐れがあると述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。