米FDIC:金融機関の純利益353億ドル、引当金減少で-7~9月

米連邦預金保険公社(FDI C)は22日、米国の金融機関が7-9月(第3四半期)に合計353 億ドル(約2兆7000億円)の純利益を上げたことを明らかにした。 貸倒引当金や純貸倒償却の減少が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。