タンカーのフロントライン、株価45%急落-採算割れ用船料で資金難

超大型タンカー運航最大手の フロントライン(本社バミューダ諸島ハミルトン)は、来年にも資金 が底を突きかねないとして金融機関との交渉を模索している。過去8 カ月にわたり用船レートは採算が取れない水準に落ち込んでいる。同 社の株価は約13年間で最大の下げを記録した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。