コメルツ銀行株、一時10%安-さらなる資本増強が必要との観測で

22日のフランクフルト市場 ではドイツ2位の銀行、コメルツ銀行が一時10%下落した。当初 計画を上回る資本増強を要する可能性があるとのロイター通信の報 道が手掛かり。

フランクフルト時間午後1時50分現在、コメルツ株は前日比

8.7%安の1.24ユーロと、少なくとも19年ぶり安値に急落。欧 州銀行監督機構(EBA)が欧州銀行に対する規制を強化した場合、 コメルツ銀行は約50億ユーロ(約5206億円)の追加資本が必要 となる可能性がある。同行内部の見積もりに詳しい匿名の関係者の 話としてロイター通信が報じた。

コメルツ銀の広報担当ライナー・ロスマン氏は、報道に関する コメントは控えるとした。

債務危機対策パッケージの一環として、欧州域内の銀行は保有 するギリシャ債の50%の損失負担を受け入れることで合意し、こ れを受けて欧州指導者らは銀行強化へ向けた資本増強を要請してい る。コメルツ銀行は先月、公的資金による救済を求める計画は無い ことを明らかにしたが、10月27日にEBAが発表した見積もりで は同行は新たに29億4000万ユーロの資本が必要となる可能性が ある。

EBAは来週、要請内容の更なる指針を示す予定。

To contact the reporters on this story: Oliver Suess in Munich at osuess@bloomberg.net; Julie Cruz at jcruz6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Frank Connelly at fconnelly@bloomberg.net; Edward Evans at eevans3@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE