バイトマン連銀総裁:ドイツはリセッション回避へ-危機悪化なければ

ドイツ連邦銀行(中央銀行) のバイトマン総裁は22日、ユーロ圏債務危機がこれ以上悪化しな ければドイツ経済のリセッション(景気後退)は回避できるとの見 解を示した。

同総裁はベルリンで講演し、「現時点で私はリセッションを予 想していない」とした上で、「同時に、見通しは極めて不透明だ。 現在の信頼の危機がこれ以上悪化しない場合に限り、リセッション は回避される」と付け加えた。

「冬季の数カ月には、力強かった7-9月(第3四半期)の後 の顕著な成長減速が現時点で見込まれる」とし、「広い範囲を覆う 不透明感と債務危機の行方についての答えの出ない問いが、実体経 済にもリスクをもたらした」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE