山口副総裁:財政再建の必要性強調-「市場の見方は突然に変化」

日本銀行の山口広秀副総裁は22 日、国際金融情報センターで講演し、日本の財政状況について「市場 が落ち着いているこの時期にこそ、財政再建に向けて着実に歩を進め ていくべきである」と述べ、財政健全化に取り組む必要性を強調した。 日銀が同日夜、講演内容を公表した。

同副総裁は欧州の債務危機を例に挙げ、「一国の財政に対する市場 の見方は突然に変化する」と指摘。「従来『安全資産』とみなされてい た国債が、非連続的に『危険資産』に変わるリスクは常にあると言っ て過言でない」と述べた。

一方、欧州の債務危機の影響については、「欧州発のショックが、 グローバル投資家のリスク回避姿勢の強まりや、世界経済全体の下振 れにつながる可能性には十分な注意が必要」と指摘。その場合は、円 高・株安や輸出減少などを通じて「日本経済にも下押し圧力が掛かる」 と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE