香港株(終了):上昇、S&Pが米国の格付け維持-カジノ関連株高い

香港株式相場は上昇。米国の財政 赤字削減策をめぐり議会の超党派委員会では合意が成立しなかったも のの、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米 国の格付けを引き下げないことを明らかにした。

米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に衣料品や玩具を納 入する香港のリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)は3.4%高。マ カオでカジノを運営するサンズ・チャイナ(1928 HK)は5.3%上昇、 ウィン・マカオ(永利澳門、1128 HK)も3.5%上げた。

一方、中国の複合企業、復星国際(656 HK)は6.5%安。同社が 筆頭株主の中国の広告会社フォーカス・メディア・ホールディング株 について、調査会社マディー・ウォーターズが投資家に売りを勧めた ことが響いた。広州を拠点とする不動産開発会社、恒大地産集団 (3333 HK)も下げた。

ハンセン指数は前日比25.74ポイント(0.1%)高の18251.59。 ハンセン中国企業株(H株)指数は同0.2%高の9745.35で引けた。

リンセアン・ホールディングスのマネジングディレクター、フラ ンシス・ルン氏は「市場参加者は売り疲れている。売りたい人は既に 売却済みのため、買い戻しや底値を拾う動きが一部で見られる」と述 べた上で、「今は現金を保有するべきだ。商品も安全ではない」と指摘 した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE