ロンドン外為:円がほぼ全面安、米格付け確認で安全需要が後退

22日の外国為替市場で円は ほぼ全面安。米議会の超党派委員会が財政赤字削減策で合意できなか ったものの、格付け会社が同国の格付けを維持したことから安心感が 広がり、円の安全資産としての需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。