中国株(終了):上海総合指数、5日続落-不動産投資減少を懸念

中国株式相場は下落。上海総合指 数が5営業日続落となった。不動産投資の減少や輸出需要の鈍化で中 国の経済成長が損なわれるとの懸念が強まった。

セメントメーカーの華新水泥(600801 CH)は0.9%安、鉄鋼メー カーの宝山鋼鉄(600019 CH)は0.6%値下がりした。シティグループ が不動産投資は「著しく」減少する可能性があるとの見通しを示し、 これが売り材料となった。

中国の産銅最大手、江西銅業(600362 CH)と亜鉛精錬で最大の株 州冶煤集団(600961 CH)も安い。金属相場の下落が嫌気された。

一方、酒類メーカーの貴州茅台酒(600519 CH)は1カ月ぶりの大 幅高。申銀万国証券は貴州茅台酒が製品を値上げする可能性があると 指摘した。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「中国の国内総生産(G DP)に占める不動産業界の割合を考慮すると、不動産投資の減少は 来年の経済成長に対する大きな脅威だ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動す る上海総合指数は前日比2.51ポイント(0.1%)安の2412.63で終了。 5営業日連続の値下がりで、この間の下落率は4.6%となった。上海、 深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前日比0.21ポイント安 の2609.48で引けた。

--Zhang Shidong. Editors: Richard Frost, Ravil Shirodkar

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 関根裕之 Hiroyuki Sekine +81-3-3201-7850 hsekine@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: Zhang Shidong in Shanghai at +86-21-6104-3040 or szhang5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE