アジア株:6日続落、華潤置地が安い-米国の赤字削減協議は決裂

22日のアジア株式相場は6営業日 続落。MSCIアジア太平洋指数はこのまま推移すると8月以降で最 長の下落局面となる。米国の財政赤字削減策をめぐり議会の超党派委 員会で合意が成立しなかったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。