ボルドー産09年、「世紀のビンテージ」は誇大広告か-ワイン評

21世紀に入って12年もたたない うちにワイン業界とメディアは、またもや「世紀のボルドー産ビンテ ージワイン」だと宣言している。今回は2009年物のことだ。05年に も同様の宣伝文句が並べ立てられ、次の10年物のたる入りサンプルを 試飲した一部の人々はさらに極上の味わいだと語る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。