東・大証が統合合意、13年1月合併-持株会社は東証1部上場へ

東京証券取引所 と大阪証券取引 所は22日、経営統合で合意したと発表した。まず東証が大証株の公開 買い付け(TOB)を行って大証を子会社化し、その後に大証を存続 会社として東証が吸収合併される。経営統合は持ち株会社方式とし、 合併の効力発生日は2013年1月1日。合併後は、早期に東証1部への 上場を目指す方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。