アジア株:もみ合い、豪サントス安い-米国の財政赤字削減協議は決裂

22日午前のアジア株式相場はもみ 合い。米議会の超党派委員会は21日、財政赤字削減策で合意成立に至 らなかったことを明らかにした。

豪州の石油・ガス会社サントスが原油安を嫌気して0.9%下落。 豪製鉄会社ワンスチールは9.1%安と大きく下げている。同社の最高 経営責任者(CEO)が主要プラントを閉鎖する可能性を排除しない と発言したことが嫌気された。一方、トヨタ自動車は値上がりしてい る。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午前11時21分現在、112.39 と、前日比0.1%未満の上昇率。ここまで0.7%安-0.2%高のレンジ で推移している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE