安住財務相:外貨購入基金に慎重姿勢、「為替介入になる可能性」

安住淳財務相は22日午前の衆院 財務金融委員会で、円高対策の一環として50兆円規模の外貨購入基金 を設立する案が出ていることについて、「外国為替資金証券(FB)を 50兆円増発して調達した円資金で外貨を購入する必要が出てくる。こ れは為替介入になってしまう可能性が高いと判断している」と述べた。 その上で、「これまでのわれわれの考え方とは合わない」と慎重な姿勢 を示した。西村康稔氏(自民)に対する答弁。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。