米アップル勝訴、HTCの特許侵害の訴え認めず-ITCが最終決定

電子画面の3D(3次元)技術を めぐって台湾の携帯電話端末メーカー、宏達国際電子(HTC)傘下 のS3グラフィックス社が米アップルを特許侵害で訴えていた係争で、 米国際貿易委員会(ITC)はHTCの訴えを退ける最終決定を下し た。スマートフォン輸入を左右する特許侵害案件で本決定が出たのは 初めて。

ITCがウェブサイトに同日公表した通知書によると、ITC委 員会はS3の特許をアップルが侵害していないと判断した。決定の根 拠は明らかにしていない。

スマートフォン(多機能携帯電話)をめぐってITCが抱えてい る係争は多数に上るが、HTCの主張が認められていれば、コンピュ ーター「Mac」(マック)の一部機種や「iPhone(アイフォー ン)」、「iPad(アイパッド)」などアップル製品の米国輸入差し止 めにつながるところだった。

HTCは電子メールで配布した発表資料で、知的所有権絡みの係 争を専門に扱う米連邦高裁に控訴する可能性を明らかにした。HTC の法務担当役員、雷憶瑜氏は同資料で、「判断には失望しているがIT Cの決定を尊重する」とした上で、「われわれが望んでいた内容ではな かったが、ITCの判断を精査し、その上で控訴を含めあらゆる選択 肢を検討する」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE