オリンパス株が大幅続伸、第三者委が犯罪組織との関連を否定

オリンパス株が大幅続伸。一時前 日比20%高となる873円まで買われた。同社の過去の買収を調査する 第三者委員会(甲斐中辰夫委員長)が21日夕、買収資金の反社会的勢 力への流出を否定したことが材料。

第三者委は、買収への反社会的勢力の関与について「事実は認め られていない」とのコメントを発表した。反社会勢力の問題は18日、 米紙ニューヨーク・タイムズが関係者から入手したというメモを元に 報道。これを受けて日本のメディアなども追随していた。

立花証券の平野憲一執行役員は、「反社会的勢力との結びつきがあ れば上場廃止となる可能性が高い」と説明。このため、第三者委のコ メントが「プラスに働いた」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE