中国市場:来年の乗用車販売、10%増へ-ホンダなどメーカー各社

中国の乗用車販売台数は来年 10%増えると、米ゼネラル・モーターズ(GM)、独フォルクスワ ーゲン(VW)、ホンダなどメーカー各社が予想している。初めて 自家用車を購入する消費者の需要に支えられ、現行ペースを上回る 伸びになるという。

中国市場で最大の外国自動車メーカーであるGMは、市場全体 の乗用車販売台数が2012年に10%増加すると見込んでいる。VW とホンダ、日産自動車も最大10%増を想定。中国自動車工業協会 (CAAM)によれば、今年1-10月の乗用車販売台数は前年同期 比5.9%増。

中国の王岐山副首相は世界的な景気低迷が長期化すれば中国経 済にとってリスクとなると警戒しているものの、メーカー各社は強 気だ。優遇税制と販売奨励策が終わり、借り入れコストが上昇した ことで、自動車販売は今年、伸びが鈍化した。

ホンダの中国事業責任者、倉石誠司氏は21日、同日開幕した広 州モーターショーの会場で、消費者が新規融資を得るのが難しくな っておりディーラーも問題に直面しているとしながらも、中国の中 西部からの需要が引き続き乗用車市場を支えていると指摘した。

CAAMは、今年の乗用車と商用車を含めた自動車販売台数が 前年比で5%を下回る伸びにとどまると予想。中国人民銀行(中央 銀行)は昨年9月以来、インフレ抑制を狙い、政策金利を5回、預 金準備率を9回引き上げている。

国営の新華社通信は、王副首相が湖北省で開催された会議で、 世界の経済情勢は現在「極めて厳しい」と述べたと報じた。

--Liza Lin, with assistance from Tian Ying in Beijing and Anna Mukai in Tokyo. Editors: Chua Kong Ho, Lena Lee

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Liza Lin in Shanghai at +86-21-6104-3047 or llin15@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chua Kong Ho at +86-21-6104-3048 or kchua6@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE