TOPIX3日ぶり小反発、円高一服し輸出株高い-陸運や医薬安い

東京株式相場は、TOPIXが3 営業日ぶりに小幅反発。為替の円高修正の動きを受け、朝方安く始ま った輸送用機器や電機など輸出関連株がプラスに転じた。投資指標面 から見た割安感も、相場全般が出直った一因だ。

一方、一部アナリストによる格下げや、リニア中央新幹線の中間 駅の建設資金を全額自己負担する方針と一部で報じられたJR東海を 中心に、陸運株が下落。医薬品や小売、証券株も軟調だった。欧州債 務問題がハンガリーなど東欧にまで広がりを見せてきたほか、米国で は財政赤字削減をめぐる協議が決裂し、国内外景気への悪影響を警戒 する動きが株価指数の上値を抑えた。

TOPIXの終値は前日比0.71ポイント(0.1%)高の717.79。 日経平均株価は同33円53銭(0.4%)安の8314円74銭と小幅に3日 続落し、連日の年初来安値。両指数とも終日、方向感なく推移した。

しんきんアセットマネジメント投信運用部の藤本洋主任ファンド マネージャーは、「欧州情勢の先行きが見えず、難しい投資環境だ」と 指摘。日本国内ではあす23日が祝日休場となる中、「欧州関連の新た な材料が出れば、休み中にマーケットが上下に振れる可能性もあるた め、売り買いともポジションを取りにくい」と話していた。

東京外国為替市場では、午前10時20分すぎごろから円は急速に 対ドル、対ユーロで円安方向に振れ、ドル・円では一時77円33銭と、 15日以来の円安水準を付けた。米議会の超党派特別委員会で財政赤字 削減に関する合意が21日に不成立となったことを受け、米格付け会社 2社が米国の格付けを引き下げない考えを示し、リスク回避の動きが 一服する中、円売りがやや強まった。

割安感で打診的動きも

みずほ証券グローバル調査業務部の堀内隆文ストラテジストは、 「ここまで相場水準が落ち込んでくると、欧米と比べたバリュエーシ ョン面での割安感を手掛かりに打診買いも入ってくる」と言う。TO PIXの株価純資産倍率(PBR)は0.86倍と、米S&P500種株価 指数の1.94倍、ストックス欧州600指数の1.29倍を下回る。

東証1部の業種別33指数は鉱業、パルプ・紙、精密機器、石油・ 石炭製品、ゴム製品、ガラス・土石製品、鉄鋼、非鉄金属、輸送用機 器、電機など18業種が上昇。売買代金上位ではホンダ、ソニー、東芝、 東京電力、日産自動車などが高い。オリンパスは20%高と連騰。

もっとも、みずほ証の堀内氏は「欧州での国債マーケット混乱な どが警戒され、海外勢を中心にリスクをとれる投資家が少なくなくな ってきている」とも指摘。バランスシート調整を進める欧州の金融機 関が、リスクウエートの大きい株式保有を減らす動きを強めているこ とは、日本株を含む株式相場にマイナス要因との認識を示していた。

海外勢売り警戒も強い、問題は西から東欧へ

米国株市場は24日にサンクス・ギビング・デーで休場、25日も 短縮取引となる。SMBC日興証券エクイティ部の西広市部長は、「海 外投資家が休みに入る前に、ひとまず保有株式を処分する動きにある」 と、需給面の逆風にも言及した。市場観測によると、外資系証券9社 経由で1140万株の売り越し。売越株数は、10月3日(1220万株)以 来の大きさだった。

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は21日、ハン ガリーから金融支援の要請を受けたと発表。同委によれば、ハンガリ ーは国際通貨基金(IMF)にも同様の要請を行ったという。このほ か欧州関連では、ムーディーズ・インベスターズ・サービスが21日、フ ランスの国債利回り上昇は同国が直面する財政上の困難を大きくする と指摘、「これは信用格付けに対してマイナスの意味を持つ」と週間ク レジット見通しで解説した。

陸運は安い、大証は午後急伸

東証1部の売買高は概算で15億1085万株、売買代金は9122億円。 値上がり銘柄数が857、値下がり643。33業種指数で下げたのは、陸 運、その他製品、証券・商品先物取引、医薬品、小売、海運など15 業種。下落率1位の陸運では、6.3%安となったJR東海が主導。同社 に対しては、JPモルガン証券が投資判断を「アンダーウエート」に 引き下げたほか、22日付の日本経済新聞朝刊では、リニア中央新幹線 の6つの中間駅について、予定される5900億円の全額を自己負担する 方針を示した、と報じられる材料があった。

国内新興市場は、ジャスダック指数が前日比0.1%高の46.30と 小幅に6営業日ぶり反発、東証マザーズ指数は2.1%安の374.42と続 落。ジャスダックでは、大阪証券取引所が午後に入り急伸し、売買代 金1位だった。東京証券取引所と大証はこの日、経営統合で合意した と発表。13年1月の合併に先駆けて行う東証による大証への一部株式 公開買い付け(TOB)では、TOB価格が1株48万円と大証の午前 終値より12%高く設定され、これにさや寄せする動きとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE