債券は続落、20年入札結果受け午後に売り-長期金利は1週間ぶり水準

債券相場は続落。朝方は前日の米 国市場で債券高・株安となった地合いを引き継いで買いが先行した。 しかし、午後に発表された20年債入札結果で応札倍率が低下するなど 弱めとなったことを受けて売りが優勢となり、相場は下げに転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。