米ギリアド、ファーマセットを110億ドルで買収へ-肝炎治療薬取得

抗エイズ(HIV)薬で世 界最大手の米ギリアド・サイエンシズは、医薬品開発の米ファー マセットを約110億ドル(約8480億円)で買収することで合意 した。ファーマセットが開発中のC型肝炎治療薬の権利取得が目 的。この製品を含む次世代肝炎治療の市場規模は2020年までに 200億ドルに達すると見込まれる。

両社の21日の発表によると、ギリアドはファーマセット株 1株当たり137ドルを現金で支払う。価格はファーマセット株の 18日終値を89%上回る水準。ギリアドにとって過去最大の買収 は、14年末までの減益要因となるものの、その後は利益に貢献 すると同社は説明している。

RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、マイケル・イ ー氏(サンフランシスコ在勤)は電子メールで、今回の買収は「ギ リアドが今後10年にC型肝炎ウイルス(HCV)分野のリーダ ーになる決意で、そのための鍵となる製品を求めているという強 いメッセージを明確に送った」とした上で、ファーマセットの治 験薬「PSI-7977」は「長期的に30億-50億ドルの増収要因に なり得る」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE