欧州委員長:サマラス氏にギリシャ緊縮策支持の書面での約束促す

欧州連合(EU)の行政執行機 関である欧州委員会のバローゾ委員長は21日、ギリシャ連立政権の 一角を担う新民主主義党(ND)のサマラス党首に対し、国際社会 からの次回融資を確実にする条件として「政治的な駆け引き」をや め、緊縮策への支持を書面で約束することに応じない姿勢を撤回す るよう訴えた。

バローゾ委員長はギリシャのパパデモス首相との共同記者会見 で、「EUと国際通貨基金(IMF)の支援には、これが継続的な取 り組みだと彼らが確実にする必要がある」と言明、「今なすべきこと は実行に集中することだ。政治的駆け引きをやめ、コミットメント を強める必要がある。これは短距離走ではなく、マラソンだ」と語 った。

バローゾ委員長の発言は、緊縮策への書面での支持約束に応じ ないサマラス党首への圧力増大を示している。同党首はEUとIM F、欧州中央銀行(ECB)の当局者に、緊縮策への決意を表す5 つの行動を既に取っていると述べて署名の要求に反論したと、国営 のアテネ通信社(ANA)が19日に報じていた。

ギリシャの破綻回避には、昨年合意された第1次支援パッケー ジの融資第6弾(80億ユーロ=約8300億円)と1300億ユーロ規模 の第2次支援パッケージが必要。EUとIMFはサマラス党首を含 めた主要政党指導者がパパデモス首相率いる連立政権の期間以降に ついても歳出削減を約束することを望んでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE