3メガなど融資団、オマーン発電事業に1000億円-インフラ輸出支援

みずほコーポレート銀行、三菱東京 UFJ銀行など6行が、丸紅と中部電力が事業権の大半を握るオマーン の天然ガス火力発電事業向けに13億ドル(約1000億円)規模の協調融資 を組成する見通しとなった。インフラ輸出に取り組む日本企業の国際競 争力強化を金融面から後押しする。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。