【個別銘柄】大証、オリンパス、DeNA、JR東海、川船、塩野義

きょうの日本株市場で、価格変動 材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

大阪証券取引所(8697):前日比4.6%高の44万500円。東京証 券取引所と経営統合で合意した、と22日に発表。東証が大証株の公開 買い付け(TOB)を行い、大証を子会社化した上で、その後に大証 を存続会社として東証が吸収合併される。東証の大証に対するTOB 価格は1株当たり48万円で、最大17万9999株を864億円で取得する。 TOBの開始時期などに関しては未定としており、TOB価格にさや 寄せする形で買いが膨らんだ。

オリンパス(7733):20%高の869円で東証1部の上昇率2位。同 社の過去の買収を調査する第三者委員会(甲斐中辰夫委員長)が21 日、買収への反社会的勢力の関与について「事実は認められていない」 との声明を発表した。反社会勢力の問題は、18日に米紙ニューヨー ク・タイムズが関係者から入手したというメモを元に報道。第三者委 の否定声明を受け、上場廃止への懸念が後退し買いが膨らんだ。

ディーエヌエー(2432):3.2%安の2229円で東証1部の売買代金 1位。携帯電話向けゲーム配信国内2位のグリー(3632)は、株主で あるKDDI(9433)と共同で、ゲーム業者との取引を妨害したとし て同1位の同社に対し、2社合計で10億5000万円以上の損害賠償を 求め、東京地裁に提訴したと21日に発表。DeNAでは訴状が届いて おらず、内容を確認していないため、コメントは差し控えるとするプ レスリリースを発表した。

JR東海(9022):6.3%安の62万8000円。リニア中央新幹線の 6つの中間駅について、予定される5900億円の全額を自己負担する方 針を示した、と22日付の日本経済新聞朝刊が報道。沿線自治体に全額 負担を求めていたが、財政難から難色を示す自治体の声に対応して方 針転換したという。JPモルガン証券は22日、リニア新幹線のためで あれば今後も費用負担の増加を容認するリスクが高まったとし、投資 判断を「中立」から「アンダーウエート」に引き下げた。

川崎汽船(9107):2.3%安の125円。ドイツ証券は21日付で、投 資判断を「ホールド」から「売り」へ、目標株価を198円から100円 へ引き下げた。世界的にコンテナターミナル大型化の進展が計画され、 大型化で競争力強化が図れる集荷力を備えるかどうかで勝ち負けが決 まると指摘。同社は、統合などによりマーケットシェアの急拡大を図 ることができなければ、事業を縮小していくほかないだろうとした。 2012年3月期の連結経常損益予想は、従来の249億円の赤字から473 億円の赤字に下方修正した。

横浜ゴム(5101):1.5%高の413円。ゴールドマン・サックス証 券は21日、投資判断を「中立」から「買い」へ、目標株価を500円か ら580円に引き上げた。タイヤの販売価格と原料価格の差が拡大し、 株主資本利益率(ROE)が大幅に切り上がる公算が大きいと指摘。 同社中期計画の営業利益目標385億円の超過達成とROE改善のため の道は整ったと見ており、12年12月期と13年12月期ともに連結営 業利益予想を415億円に上方修正した。

昭和シェル石油(5002):3.7%高の504円。クレディ・スイス証 券は22日、投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に引き上げ た。石油事業の収益力を無視した株価下落は行き過ぎとの見方を示し、 来年前半にかけて石油精製セクターで最も高パフォーマンスが見込め る銘柄、と予想した。

宇部興産(4208):3.5%高の210円。クレディ・スイス証券は22 日、主力製品のナイロン原料であるカプロラクタムの採算は低下する ものの、ほかの石油化学製品に比べて需給・市況は底堅く、収益は相 対的に堅調と指摘。投資判断「アウトパフォーム」を継続した。

塩野義製薬(4507):3.2%安の900円。ゴールドマン・サックス 証券は22日、目標株価を1390円から1210円に下げた。米子会社の予 想営業損益が上期決算発表時に下方修正されたことを受け、医療用医 薬品の売上高急減と現在の費用構造を踏まえると、損益均衡という経 営陣の計画実現は難しい予想。米子会社の18年3月期までの予想営業 損失を従来の4000万ドルから最大で1億1900万円に引き上げた。

出光興産(5019):2.8%高の7760円。イエローハット(9882)と 自動車用品の卸販売、店舗販売、商品開発にかかわる提携協議を行う ことで合意した、と21日に発表。2012年3月末をめどに詳細の検討 を進め、出光によるイエロハト株の一部取得も検討する。中期的な収 益貢献を期待した買いが入った。

国際石油開発帝石(1605):2.7%高の48万8500円。石油天然ガ ス・金属鉱物資源機構と共同で、インドネシア東部海域ババルスラル 鉱区を落札し、子会社が同鉱区の100%権益を取得したと21日に発表。 事業投資に対する積極姿勢を好感した買いが優勢だった。

三菱商事(8058):1.1%高の1535円。イラクは27日に、同国南 部の油田で天然ガスを採掘する権益を英・オランダ系ロイヤル・ダッ チ・シェルと三菱商に与える総額170億ドル(約1兆3100億円)の契 約に正式に調印する。イラク石油省が21日明らかにした。

富士ソフト(9749):4.6%高の1233円。発行済み株式総数の1.57% に当たる50万株、金額で7億円を上限に自社株買いを行うと21日に 発表。期間は22日から12年3月31日まで。当面の株式需給の改善を 見込む買いが入った。

日本ケアサプライ(2393):7.9%高の4万3000円。発行済み株式 総数の12.4%に当たる2万2000株、金額で12億1000万円を上限に 自社株買いを行うと21日に発表。期間は22日から12年3月22日ま で。当面の株式需給の好転が見込まれた。

カイゲン(8000):15%高の391円。堺化学工業(4078)が21日、 医療用・一般医薬品メーカーの同社を株式交換で完全子会社化すると 発表。12年3月1日付。株式交換比率は1対1.35。カイゲン株は同年 2月27日に上場廃止となる予定。21日の堺化学株の終値は300円で、 理論株価にさや寄せする動きとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE