中国、知財権の監視強化を表明-米国が国際ルールの順守を呼び掛け

中国四川省の成都で開催された 米中合同商業貿易委員会(JCCT)で、中国が知的財産権の監視改 善を表明する一方で、米政府は世界2位の経済大国となった中国に対 し国際ルールの順守を呼び掛けた。

ブライソン米商務長官は21日、20日に始まったJCCT終了後 にブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、中国が知財権 保護のための行政機関を設立し王岐山副首相がそのトップに就くと表 明したことは「正しい方向への一歩」だと述べた。

同長官は、「中国の大半で知財権が尊重されていないことに疑い の余地はない」と言明、「これは正しい方向への一歩だと思うが、中 国で一貫し幅広く知財権を認識させるには長い道のりが残っている」 と指摘した。

ブライソン長官は21日、米国の企業と議会の多くの関係者が2 国間の貿易関係に対し「より否定的な見方に向かって動いている」と し、貿易をめぐる懸念に対処することだけがこうした状況を変え得る と話していた。王副首相は、中国政府が知的財産権侵害の取り締まり を進展させたと説明した一方で、米国にハイテク製品の対中輸出を増 やすよう促した。

--Nicholas Wadhams, with assistance from Joshua Fellman in New York. Editors: Nicholas Wadhams, Peter Hirschberg

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 笠原文彦  Fumihiko Kasahara  +81-3-3201-3761 fkasahara@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Nicholas Wadhams in Beijing at +86-10-6649-7574 or nwadhams@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Peter Hirschberg at +852-2977-6934 or phirschberg@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE