スロベニア:ドル建て債や円建て債発行も、12月の入札不調な場合

スロベニアは10億ユーロ(約 1040億円)規模の国債入札が不調に終わった場合、ユーロ以外の通 貨で債券を初めて発行する可能性がある。同国債の利回りコストが過 去10日間で急上昇しているためだ。

スロベニアは12月6日に18カ月物証券入札を実施する。欧州債 務危機の深刻化で、今月11日には同国債の10年物利回りが7.77% と過去最高に達したことから、スロベニアは長期債発行をとりやめた。 リュブリャナ時間午前11時7分(日本時間午後7時7分)現在は

7.024%で推移。前日には過去最高を記録した以降で初めて7%を割 り込んだ。

スロベニア財務省はブルームバーグ・ニュースからの問い合わせ に電子メールで回答し、「スロベニアは発行準備を進めていたものの、 欧州金融市場の状況は長期債の発行だけに依存するには余りにも不透 明だ」とし、「証券入札が不調だった場合、私募形式による資金調達 のほか、米国や日本、スイスの債券市場での国債売却が可能だ」と説 明した。

格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)やムーデ ィーズ・インベスターズ・サービス、フィッチ・レーティングスは9 月初め、スロベニアの財政悪化を理由に同国の格付けを1段階引き下 げた。

スロベニア財務省によると、今年の国債発行額はこれまで30億 ユーロで、2012年には最大40億ユーロ発行する可能性がある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE