S&Pとムーディーズ:米国格付けを維持-超党派委の合意不成立後

米格付け会社のスタンダード・ アンド・プアーズ(S&P)とムーディーズ・インベスターズ・サービ スは21日、米議会の超党派特別委員会で財政赤字削減に関する合意 不成立後に米国の格付けを引き下げないことを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。