オリンパス元社長ウッドフォード氏、今週の取締役会に出席-解任後初

オリンパスのマイケル・ウッドフ ォード元社長は今週、企業買収に関係する多額のファイナンシャルア ドバイザー(FA)報酬について問題を提起し、先月解任されて以来 初めて、同社の取締役会に出席する。

ウッドフォード氏は電話インタビューで、多額のFA報酬に関連 する企業買収の会計処理について犯罪科学的な調査を行うよう11月 25日の取締役会で要請すると述べ、「事件の全容を公正かつ徹底的に 調査する必要がある」と強調した。

事情に詳しい関係者1人によると、同氏はオリンパスの会計不祥 事調査の一環として、米証券取引委員会(SEC)を含む米国の当局 者とも面会する予定。日本と米英の法執行機関はFA報酬の支払いを めぐる捜査を進めている。

オリンパスのハンブルク在勤の広報担当者に電子メールでコメン トを求めたが、現時点で返事はない。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE