ドイツ首相、ユーロ共同債への反対姿勢崩さず-EUの賛成派と衝突か

【記者:Brian Parkin】

11月21日(ブルームバーグ):ドイツのメルケル首相は、与党キ リスト教民主同盟(CDU)の議員らに対し、ユーロ共同債構想への 支持を拒否する姿勢を今後も崩さない意向であることを示唆した。

21日にベルリンで開かれた非公開の党会合で、与党会派の院内総 務を務めるフォルカー・カウダー氏がドイツの立場は変わらないと語 った時、メルケル首相は同意してうなずいたと、同会合の広報担当、 ウルリッヒ・シャルラック氏が明らかにした。

ユーロ圏の金融危機の拡大を阻止する手段として、欧州委員会の バローゾ委員長などはユーロ共同債を支持しており、メルケル首相と の衝突は避けられない情勢だ。バローゾ委員長は23日にユーロ共同債 に関する選択肢を明らかにする予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE