アトランタ連銀総裁:米経済、リセッションの確率は30%下回る

米アトランタ連銀のロックハート総 裁は米国がリセッション(景気後退)に陥りつつある確率は30%を下回 るとの認識を示した。21日、サンパウロでのイベントで述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。