ボルボ:航空エンジン子会社を売却へ、大型トラックや建機に注力

世界2位のトラックメーカ ー、スウェーデンのボルボは、航空エンジン子会社を切り離し、大 型トラックと建設機器に注力する計画だ。同社が10年前に自動車 部門をスピンオフ(分離・独立)して以来で最も大きな構造改革と なる。

同社は21日発表した資料で航空エンジン部門の切り離しは 事業の効率化につながると指摘。資産売却には「妥当な価格」が必要 だとし、ボルボ・エアロは「さらなる発展の機会に恵まれた組織に加 わる」と続けた。

ボルボ・エアロは圧縮機ローターなどのエンジン部品やジ ェットエンジンをスウェーデン企業サーブのグリペン戦闘機向けに 製造している。

ボルボの広報担当、マーテン・ウィクフォルス氏は21日、 ボルボ・エアロの売却が成立した場合、2012年半ばまでの手続き 完了を見込んでいると語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE